転職準備

転職を成功させるには採用側の考えを知ることが大事

採用側になってみて分かったこと

私は会社員になり転職を経て自分の事務所を持つことになったのですが、会社の代表となって業務を行うようになってさまざまな会社や企業の社長であったり人事担当の方の話を聞く機会が多くなりました。
採用に大きく関わる方々の話を聞いていると、今までは気付かなかったようなことに気付くことがたくさんあるのです。

 

転職活動をしていた頃は、「なぜ自分のことを採用してくれる会社がないのか」と不満ばかりを持っていたのですが、実際のところは企業は「採用をしたくても良い人材が見つからない」といったことで困っていたのです。

 

採用者側の雇用に対する考え

不況の影響もあり、近年では転職活動をされている方はたくさんいらっしゃると思うのですが、たくさんの応募者がいる中でも人材が見つからないとはどういうことなのでしょうか。
転職活動をする側としては、採用をしたいと思っているのであれば、1人でも多くの人を採用すればいいのでは、と思うかもしれませんが、採用を行う企業側はそこまで簡単に採用を考えていないのです。

 

企業側は、採用をすることで人件費が必要になりますし、会社の利益のために働いてもらいたいと思っていますので、どんな人でも採用をするわけにはいかないのです。
採用の条件基準のハードルが応募者が思っている以上に高くなっているため、そう簡単に転職が決まらないのです。
求人に応募をすると、履歴書などの書類審査がまずは行われて、その後は何度か面接が行われて内定が決定をします。
第一関門と言えるのがこの書類審査なのですが、実はこの書類審査でかなり不採用が決まってしまうのです。

 

まずは面接を受けれるようにする

採用活動を行っている企業側は、履歴書などの書類審査でかなりの人を不採用にして絞り込んでいることが、実際の採用担当者の話を聞いて分かりました。
転職活動を行っている方の中には、書類審査はそこまで重要ではないと思われている方がおられるかもしれませんが、書類審査を通過しなければ面接へと進むことが出来ませんので、災難間通過地点と考えてもいいくらいだと私は思います。

 

転職活動をされている方の中で、書類審査で毎回不採用の通知が来るような方は、自分のことをまず客観的に見れていないと言えるでしょう。
履歴書というのは、自分がどんな人物であるかを採用者側に伝える大事な書類ですので、その書類の中で「自分が出来ること」「企業にどういった貢献をすることが出来るのか」を相手に理解出来るように伝えるためには、主観的ではなく客観的に自分を見る必要があるのです。
企業が求める人材というのは会社によって違いますので、同じ履歴書の使い回しをするなんて絶対にしてはいけません。
採用者側にいかにして自分に会ってみたいと思わせることが出来るかが、その後の展開に大きく影響をしてくるのです。

 

情報収集で事前準備を

転職活動で不採用の通知をたくさんもらっているような方は、きちんと応募をする会社の情報収集をしていない傾向にあります。
情報不足の状態であれば、採用されないのは当然のことです。
しかし、きちんと情報収集を行っているとおっしゃられる方の中にも、不採用が続いているような方がおられます。
ただ、こういった方も情報収集をきちんとしているつもりでも、実は情報収集が完全ではないのです。
会社の所在地や取扱商品など、企業のホームページに掲載されているような情報を集めただけでは、情報収集が完璧であるとはまず言えません。

 

転職活動の際の情報収集

採用に繋がる転職活動時に必要な情報収集とはどういった内容なのでしょうか?
それは簡単に言いますと、「企業と企業が属する業界全体の動向」の情報を集める必要があるのです。
その業界が国内や海外でどういった状況になっているのか、業界全体の将来目標はどういったことになっているのか、業界内でのその企業の位置付け、他社の展開している商品内容、他社が求めている人材、といったようにその企業の情報だけではなく業界全体を知っておかなければなりません。

 

ただ、1つの業界全体の情報を収集することはものすごく労力が必要になりますし、時間もかなりかかってしまいます。
仕事をしながら転職活動をされている方は、肉体的にも精神的にもかなり辛い状況になるでしょう。
そういった方の助けになるのが転職サイトなのです。
転職サイトを利用することによって、調べようと思っていた企業の情報や業界全体の情報を得ることが出来ます。
求人を探すことはもちろんですが、さまざまな業界の現状を簡単に知ることが出来るので、転職活動をされる際は是非とも転職サイトの利用を勧めます。