転職準備

退職までに転職活動の準備を

退職後に転職活動を始めるのは危険?

仕事をして給与をもらわなければ生活をすることが出来ませんので、転職を考える場合は少しでも仕事をしていない期間を短くするために、仕事をしながら転職活動をされる方がほとんどでしょう。
ただ、中には今の職場を退職してから転職活動を始められる方もおられます。
退職後に転職活動を始める場合、事前の準備を行っておかなければ大変なことになるかもしれません。
そのリスクがあることを、知っておく必要があるのです。

 

転職によって生じる問題

退職をしてから転職活動を始める場合、そのリスクによる被害を出来るだけ小さくするために、事前に準備をしておかねければならないことがあります。
その1つは何と言ってもお金です。
退職をして転職先が決まるまでの間、無職になりますので当然ですが収入はありません。
とはいうものの、普通に生活をしなければなりませんのでお金がかかってきます。

 

失業保険を期待している方がいらっしゃるかもしれませんが、これまでにもらっていた収入よりもはるかに少ない額ですし、期限付きのためいつまでも失業保険に頼ることは出来ないのです。
特に自己都合で退職をする場合、退職をしてから数ヵ月後にしか失業保険が出ませんので、しばらくは全くお金が入ってこないような状況になります。
贅沢はしなくても、普通に生活が出来るだけのお金を蓄えておく必要があります。

 

転職活動が長引くと

転職活動中に発生をする費用というのは、食費や光熱費といった必要最低限の生活費だけではありません。
転職活動の際にかかる交通費だったり、スーツ代やワイシャツ代などといった費用もかかってきます。

 

転職活動がうまくいかずに長引いてしまうと、どんどんと貯蓄も減っていきますし、金銭的にも精神的にも余裕がなくなってきてしまいます。
そうなると、楽な暮らしに戻りたいという欲求が真っ先に出てきてしまい、どんな会社でもいいからとにかく仕事がしたい、そう思ってしまうようになるのです。
スキルアップや高待遇といった転職活動開始時に考えていた条件を無視して、かなり妥協をして企業選びをしてしまうようになるのです。
そうなると、転職活動を失敗するという最悪の結果になってしまいます。