転職準備

転職準備で退社から入社を考える

退職前に転職活動をする場合

転職を考えておられる方の大半は、無職の期間を出来るだけ短くするために在職中に転職活動をされる方が多いと思います。
仕事をしながら転職活動を行う場合、気をつけなければならにことがたくさんあります。
この注意を怠ると、ややこしい問題が起こる可能性もありますので、十分に気をつけるようにしましょう。

 

転職活動をしていることを知られないようにする

仕事を続けながら転職活動を行う場合、会社の人には出来るだけ転職活動のことを言わないようにしましょう。
人生経験が豊富な先輩であったり話がしやすい同僚に話をすることで、転職活動に対するアドバイスをもらえる可能性もありますが、その情報が会社内で広がってしまう可能性もあります。
社員の中には、転職をすることをよしとしない人もいると思いますので、業務に支障が出る可能性もあるでしょう。

 

また、転職を考えているということを会社に知られることによって、最悪の場合は解雇の措置を撮られるような可能性もあります。
どうせ辞めるのであれば、会社側としては遅いよりも早いほうがいいので、躊躇無しに解雇通告をされるでしょう。
突然解雇というようなことになると、自分で描いていた転職活動の計画が無茶苦茶になってしまいます。

 

基本的には、転職活動をしていることは口外をしないように心がけて下さい。
それが自分のためにもなるのですから。

 

仕事と転職活動の調整

仕事をしながら転職活動をするということは、かなりの時間と労力を必要とします。
転職活動をしていることを現在の職場の人に知られないようにしなければなりませんので、業務はこれまでと同じように行う必要があります。
それに加えて、転職に向けて書類作成をしたり実際に採用試験を受けるとなると、時間の調整の仕方というのがポイントになってくるでしょう。

 

時間に追われるような生活を余儀なくされてしまうと、精神面にも負担がかかってきてしまい、転職活動でミスや失敗が出てくるようになるでしょう。
冷静な判断も出来なくなってしまうと、転職先選びを間違えて転職が失敗に終わるようなこともありえます。
そんなことにならないように、転職活動は余裕を持って行うようにしましょう。

 

退社日と入社日の段取り

転職先が無事決まったら、現在の職場の退職の手続きと新しい職場の入社の準備に入っていきます。
退職をする場合、引き継ぎなども必要になりますので、退社日の設定というのは非常に重要になります。

 

状況によって勤務の延長であったり早めに仕事を始めるようなことをお願いされるかもしれません。
退社日と入社日の間の期間が短ければ、そういったときの対応にも困りますので、ある程度退社日と入社日との期間に余裕を持たせておくようにしましょう。